横浜の歴史や文化の変遷を伝えるミュージアム

横浜市歴史博物館

「横浜に生きた人々の生活の歴史」をテーマに、原始から開港期までを中心とする3万年にわたる市域の歴史を展示しています。

[DATA]

横浜市都筑区中川中央1-18-1
開館時間/9:00~16:30(券売は16:00まで)
休館日/月曜日(祝日の場合は翌日)

☎045-912-7777

企画展

「布 うつくしき日本の手仕事」

2021年7月17日(土)~9月20日(月・祝)

観覧料:一般1,000円、高校・大学生700円、小・中学生・横浜市内在住65歳以上500円

人々が日常のくらしで着る衣服は、江戸時代以降は木綿ですが、それ以前はさまざまな草や木が素材でした。神奈川大学日本常民文化研究所と共同で開催する本展では、日本で伝統的に使われてきた草木を素材とした布と、主に東北地方で用いられた刺子や型染、また裂織(さきおり)などに注目し、美しく、細やかな手仕事の世界を紹介します。